なぜ高いタイヤを選ぶのか?もっと節約できるはず

愛車のタイヤ交換、高いとは思っているのに、他に方法を知らなくて、あきらめている人が多いです。でも本当に本当にそんなに高いタイヤが必要なのでしょうか。

タイヤってどういうのが良くて、どういうのが悪いのか分かりにくいです。 そのため、「本当にその性能が必要なの?」「もっと安いタイヤでもいいんじゃないの?」など疑問があっても、お店の人が言うことを信じるしかない人も多いです。

クルマの乗り方は実に様々。いつも車を乗る人も、たまにしか車に乗らない人も、峠のドライブが好きな人も、スピードを出す人も、安全運転の人もいます。

タイヤの性能が重要になるほど、シビアな乗り方をしている人は、一体どれほどいるのでしょうか。 普通に乗っている人ならば、本当はもっとタイヤは節約しても大丈夫なのかもしれません。

例えば、格安通販タイヤを、タクシーで試したレポートもネットで公表されていますが、履き潰すまで特に問題なく利用できたみたいです。それなら安い分、お得ですね。

格安の輸入タイヤが広がってきているのには理由があります。安いだけのタイヤでは人気はでません。また日本だけでなく、アメリカやヨーロッパなど世界に輸出され、各地で利用されている実績も考えれば、行き過ぎた不安はもったいないことに気づくはずです。

たとえばもし、高いタイヤの購入が面倒で、タイヤ交換を迷うくらいなら、格安タイヤでさっさと新しいタイヤに変えてしまったほうが、ずっと安心してドライブできるはずです。

晴れ・雨などでの走行性、騒音、寿命など、格安タイヤだからといってその違いに気付ける人は、案外少ないかもしれません。


新車購入と値引きにちなんだ情報

タイヤサイズ
タイヤのサイズは、3つの数字で表します。一つはリム径で単位はインチです。もう一つはタイヤの幅で単位はミリメートル。最後に扁平率は、タイヤの高さを幅で割り100倍した数値です。この3つの数字を並べてタイヤには示されています。数字の意味を知ることもタイヤ選びには大事なことです。

回転方向とタイヤ
タイヤには回転方向が指定されたタイヤもあります。もちろんそうでないタイヤも多いので、タイヤ選びの際には注意したいです。タイヤ側面に打刻されたローテーションマークが目印になりますので、タイヤを選ぶ段階でチェックしましょう。購入してからではその通り履くしかないですからね。

タイヤのチューブ
昔はタイヤの中にはチューブが入っていました。チューブの中に空気を蓄えて車を支えていたのでした。自転車のタイヤと同じ構造ですね。なのでパンクの修理のときも、チューブを取り出して修理していたのでした。今では当たり前のチューブレスタイヤですが、登場したてのころは、すごく話題になったのを覚えています。

NANKANGとSONAR
NANKANG(ナンカン)は、台湾の世界的大手タイヤメーカーです。すごく安いタイヤが見つかります。製造は中国や台湾とのことです。海外製造とはいえ、軽自動車からひろい車種に対応したタイヤがそろっています。そして、SONAR(ソナー)はNANKANGのヨーロッパ向けブランドです。

スタッドレスタイヤ
スタッドレスタイヤは雪道や凍結した道路などに欠かせないタイヤです。積雪地では必需品のタイヤ。冬場にタイヤ交換して利用します。だいたい3年前後を目安に買い替えます。擦り減りよりはタイヤの性能が落ちるための交換です。スタッドレスタイヤは利きが大事ですからね。

《トヨタ車》

《日産車》

《ホンダ車》

《マツダ車》

《スズキ車》

《ダイハツ車》

《三菱車》

《スバル車》

《その他の車》

コラム

【セダン】

【ハッチバック/コンパクトカー】

【軽自動車】

【ワゴン】

【ミニバン】

【SUV/RV】

【クーペ・オープン】

【その他】

お問い合わせ

感想・お問合せの連絡先

芸能人ダイエット法
Copyright © 2012 -2013 格安タイヤ通販の疑問に答えるサイト|知らないと困ること. All rights reserved